お仕事ブログ

売り手市場でも転職できない!40代の転職、手遅れを防ぐ3つの準備と企業選びのコツとは?

自分にぴったりな職場

みなさん、こんにちは。
仕事探し・地元転職・正社員求人
SSジョブの伊藤です。

今の労働環境は「売り手市場」と言われることをよく耳にすると思います。
ニュースでは深刻な人手不足を表すキーワードとなっていますね。

しかし、全ての人にとって、 売り手市場=転職がしやすい という単純構造ではありません。
特に苦戦を強いられる世代が40代と言われています。
なぜこの世代がとりわけ苦労するのでしょうか?
辞めてからでは手遅れ…なんてことを防ぐ、40代の転職準備について今回はブログを展開していこうと思います。

 

40代の転職が厳しいリアル事情

就職氷河期

まず初めになぜ40代が転職に苦戦するのか、この世代の特徴をまとめてみました。

【40代のリアル】
・就職氷河期世代で、仕事を選ぶことができずとにかく就職することに重きをおいた世代
・キャリア形成がしにくい環境でも転職が怖くてそのまま年齢を重ねてしまいやすい
・正社員での就職が難しく、有期雇用の仕事でキャリアを繋いだため一貫したスキルや経験の構築がない
・仕事のスタイルが固まってきてしまい、新たな組織に柔軟に対応しづらい
・体力的に踏ん張りが効かなくなってくる

今40代の層は国も問題視する就職氷河期世代で、バックアップ施策も多々検討されているほど、キャリアの蓄積が困難な世代と言われています。

また、団塊世代とゆとり世代の間で、職場における人間関係に一番悩む次第とも言えるでしょう。

そして、体力的な問題もリアルです。
今の40代はある意味厳しい社会情勢を生き抜いてきた根気のある世代でもあるのですが、気合で乗り切ってきた仕事も体力が追いつかなくなってくるのがこの年頃です。
健康面で不具合が出始め、「この仕事続けていくのも限界かな」と思い転職を思い立ったときに、他の業界・職種で自分はどう活躍できるだろうかと考えますよね。

「上司の指示は絶対、若手社員の育成も引き受け、とにかくたくさん働いた!」
「でも自分の中に蓄積されたスキルといえば・・・?」
「この会社のことはめちゃくちゃ詳しくなっているけど、これは他で通用する知識か?」
この迷いが転職時に自己アピールの弱さに繋がってしまいます。

40代、なかなか転職が厳しい背景が伺えますね。
だからこそ、きちんと準備したか、していないかで厳しさが大きく異なってきます。

やっぱり軽作業 未経験OK

 

40代の転職準備1:今までのスキル・資格の整理

スキルの整理
40代の転職社員に企業が求めていることは、一言で言うと「マネジメントスキル」です。
企業は、同業種の転職であっても異業種からの転職であっても、数字や人、仕組みなど何かしらを管理してきた経験・スキルを求めています。
もちろん就労意欲的は求めていますが、それだけでは40代のPRとしてかなり弱いのです。

そのため、今まで培ってきたスキルを「マネジメント」という観点で整理してみましょう。

それと同時に保有している資格も整理しておきましょう。募集職種とは直接的関係なくても「その有資格者が欲しかったんだ!」という企業側のニーズが隠れている場合もあります。マネジメントスキルに自信がなくても、思わぬきっかけでオファーが来ることもありますよ。

とはいえ、「十分なマネジメント経験や資格を持ち合わせていない!」という方も多くいらっしゃるでしょう。
そういった方は、なるべく職種は経験職種のままで、業界を変える転職をお勧めします。マネジメントまでの経験でなくても、実務経験が他業種でも活かせることが多いからです。企業側が実務経験豊富なプレイングマネージャー候補を求めていることも多くあります。
全くの未経験職種に挑戦する場合でも、自らの経験職種に通ずる部分が多くある職種を選ぶと面接でP Rしやすくていいですね。

▶︎【お仕事情報】40代におすすめのお仕事を見る

 

40代の転職準備2:どうしても譲れない条件の整理

条件の整理
転職には譲れない条件もありますよね。その譲れない条件の整理も必要です。なぜ譲れないのかしっかり深掘りしてください。「やってみたい」「今より良くなりそう」では不十分です。
譲れないのは勤務地でしょうか?配属でしょうか?
いずれにせよ、その譲れないポイントを伝える時にも注意が必要です。
できる限り「前職で嫌だったから」ではなく、「しっかり活躍するためにはここを譲りたくない」という伝え方をしましょう。
自分自身でも、ここを譲らない代わりに必ず結果を出すという覚悟が必要です。この覚悟がないと、言葉尻にネガティブさが垣間見えてしまいます。
前職で足りなかった部分を会社側に補って欲しいという印象を与えてしまいがちなので注意が必要です。

 

40代の転職準備3:転職活動にかかるコストやその間の生活費を踏まえた貯金

貯金
転職にかかるコストもなかなか馬鹿にできませんね。今までスーツを着る職種でなかった場合はスーツを新調しなければなりませんし、面接で様々な企業へ足を運ぶ際の交通費も必要です。
そのため、基本は辞める前に転職活動を進めておく必要があります。

思いの外、転職活動に苦戦したり、希望の求人であっても、受入時期が遠かったりする場合もあります。辞めてからでは、無収入状態で活動することもあり得ます。
転職を考えたら、貯蓄は十分にあるのかを確認し、計画的に活動をスタートさせましょう。そして、無収入状態で活動をすることも想定した貯金をしておくことがベストです。
やはり生活が揺らいでくると不安が焦りとなり、冷静に求人や企業を見極められなくなると転職に失敗するリスクが高まるのです。

信用できる会社を選ぶ

 

自分の経歴に自信がない、ぶっちゃけもう働かないと生活が・・・そんな40代の転職でお勧めな企業とは?

自信がない
では、
「すでに仕事を辞めてしまった!」「今まで派遣や契約社員での経歴が多く、経験した職種や業務がバラバラで・・・」
「一貫した経験やスキルの蓄積がない」
というケースはどうしたら良いでしょうか?

その場合は、次のような条件が整っている会社での職種に応募すると、安全なスタートを切ることができます。

*幅広い年齢層が働く職場
*未経験スタートOK
*派遣社員や契約社員からのキャリアアップ体制が整っている
*労務関係の知識がある企業

具体的にどのような企業でしょうか?
お勧めなのは、人材サービス企業です。
中でも「業務請負事業」を行う人材サービス企業です。
派遣や紹介を行うところは多々ありますが、業務請負事業を行う人材サービスは限られています。

業務請負事業のみ、実際にクライアントの業務を実行するスキルとノウハウが必要なので、その事業立ち上げには時間とコストがかかるのです。
そんなどこもできるわけではない特殊な業務請負事業ができる人材サービス企業は、何が長けているのかというと人材育成力です。
自社とは異なる業界の仕事を請負うことができるレベルにチームを成熟させるためには企業として育成体制が整っていなければなりません。
スキルが足りないなら補う、年齢が高いなら体への負荷が少ない仕事を、と一人一人に寄り添う社内環境が整ってしなければ、事業自体の存続が難しいのです。

業務請負事業を行っている人材サービス企業であれば、今までの経験や資格、学歴などの経歴に自信がなくても、素直にスキルアップを望む姿勢を示せば、きちんと受け入れてもらえます。

初めから正社員、とはいかないかもしれませんが、派遣社員や契約社員を評価する制度が整っている企業であれば、きちんと正社員に引き上げるはずです。

来年の派遣法改正で、派遣社員もボーナスや退職金が当たり前の福利厚生となり、来年・再来年にやってくる同一労働同一賃金の制度により、正規社員と非正規社員の待遇は均衡を保つように整えられていきます。

人材サービス企業は、こういう「働き方」の時流の変化におけるプロでもあるので安心です。

▶︎【お仕事情報】40代におすすめのお仕事を見る

 

まとめ:40代の転職は最後の転職に

最後の転職
いかがでしたでしょうか?
40代の転職は、最後の転職と決めて、きちんと準備をして活動を進めましょう。
そして、安心安全な企業選びをしましょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

仕事に行けない